神苑の特長

 

中根金作氏の作庭

心技一如・中根金作氏の作庭
 昭和の小堀遠州と讃えられ、配石の素早い天才造園家、中根金作(1917~1995)は、金閣寺・天龍寺など京都の古庭園の調査・保護・修理に始まり、国内外に300もの庭園を作った偉大な芸術家です。
 城南宮「楽水苑」の「室町の庭」と「桃山の庭」が、氏が造園家として最初に手掛けた庭園で、その後「平安の庭」、「春の山」更に晩年の「城南離宮の庭」と、生涯をかけて城南宮の神苑の作庭に携わりました。

中根金作作庭の代表的な庭園
  二条城清流園(京都府)
  足立美術館庭園(島根県)
  大濠公園(福岡県)
  ボストン美術館天心園(アメリカ合衆国)

 

趣の異なる庭園

神苑 -源氏物語花の庭ー は、趣の異なる5つのエリアで構成されています。

春の山
椿、枝垂れ梅、三つ葉ツツジと春の草木が次々と花開く「春の山」エリア。白河上皇は城南離宮を築く際に、『源氏物語』に描かれた光源氏の大邸宅、すなわち四季の庭を備えた六条院をモデルにしたといわれ、ここ「春の山」 と対を成す「秋の山」が、国道を隔てた西側に広がる史蹟「鳥羽離宮跡公園」内にあります。




平安の庭
平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした「平安の庭」。庭を広く見渡すと、寝殿造りを模した神楽殿から木々の影を写す池に続きます。この池には中ノ島があり、段落ちの滝(階段状の滝)から清流が注ぎ、2筋の遣水(やりみず・小川)が流れています。さらに進むと王朝の雅を偲ばせる曲水の宴が催される苔の庭が広がっています。生気あふれる新緑、そして紅葉と、特に初夏から晩秋にかけてみごたえがあります。



室町の庭
茶道、生花、能楽などの日本文化が大成された室町時代の様式でつくられた池泉回遊式庭園の「室町の庭」。池の中央には不老長寿を象徴する松が生える蓬莱島があり、その対岸の3っの石(三尊石)は三体の仏を表し理想の世界を象徴しています。池には錦鯉が泳ぎ、4月末の藤、5月のつつじ、秋の紅葉が特に美しい。




桃山の庭
水を用いずに海を表した枯山水様式の庭で欧州の文化に出会い、武士が天下統一を目指した桃山時代の豪壮な気風を反映しています。広々とした芝生が大海原、点在する岩が沿岸の島々を表します。船の形に剪定された松を欧州から黄金の国ジパングに来た船と想像するのも楽しい。4月の桜、5月のつつじ、青空澄み渡る新緑の季節のころが美しい。




城南離宮の庭
城南宮の一帯が最も華やかであった平安時代後期の様子を表す枯山水の庭園。平らな石を敷いた苑路が鴨川を、敷き詰められた白い石が離宮の池を、緑の草が陸地を、そして岩組みが殿舎を表しています。ここ城南離宮で、上皇のもと貴族が花見の宴や和歌の会を催し、また武士が流鏑馬で弓馬の技を競った時代が150年余り続きました。




 

茶席 楽水軒

茶席 楽水軒
室町の庭と桃山の庭の間に建つお茶席「楽水軒」では、巫女がお菓子とお抹茶をお出します。美しい庭園を見ながら、季節の花などをかたどったお菓子とお抹茶を味わってください。
(神苑拝観料とは別に300円以上の志納)

 *11月25日~12月12日の期間は”もみじのお茶席” での
   呈茶接待となりますので、予めご了承ください。