その他の授与品

御朱印

令和元年の期間別の御朱印 *それぞれリンクしています
 平成31年 1月 1日 ~  1月31日までの御朱印     平成31年 2月 1日 ~  2月17日までの御朱印
 平成31年 2月18日 ~  3月22日までの御朱印     平成31年 3月23日 ~  4月30日までの御朱印
 令和 元年 5月 1日 ~  5月31日までの御朱印     令和 元年 6月 1日 ~  8月31日までの御朱印
 令和 元年 9月 1日 ~  9月30日までの御朱印     令和 元年10月 1日 ~ 12月31日までの御朱印
 それぞれの期間の御朱印を一覧にしたものです
「御即位慶祝令和元年初参り御朱印」

 御朱印初穂料 500円(専用紙でのご用意になります)

「明治天皇東京再幸 玉體安穏祈禱150年記念限定御朱印」

明治元年10月に東京に入られた明治天皇は12月に京都に還られ、明治2年3月7日に東京へ再幸しました。先帝・孝明天皇の女御・英照皇太后は、城南宮に東京再幸の平安祈祷を命じられ、3月5日に天皇にその御札を贈られました。旧暦3月5日にあたる本年4月9日がちょうど150年目となることを記念して、当時の御札の版木にある「城南離宮」の御朱印をお授けします。

 御朱印初穂料 500円(専用紙でのご用意になります)

右側には、明治天皇の御再幸と城南宮にまつわる説明と併せて、城南離宮の朱印の謂われが書かれています。
左側には用紙に御朱印を押して元号・年・10干12支・季節を墨書しています。
     4月8日~  「平成卅一己亥春」    5月1日~  「令和元年己亥春」
     5月8日~  「令和元年己亥夏」    8月8日~  「令和元年己亥秋」
    11月8日~  「令和元年己亥冬」

御朱印帳
友禅和紙を使用し装丁しています。
現在、 「紅葉(こうよう)」の 取り扱いとなります。


朱印帳(朱印帳と栞のセット)     1 冊  1300円  

 *朱印料は、別に300 円 頂戴いたします。  
 *別売のビニールカバーは、400円です。 

 *栞は、朱印帳と同じように友禅紙を使用しています。
  次回の御朱印の頁がわかるように、また裏面の空白部分に名前を書くなどそれぞれに合わせてご利用ください。
  裏面は、城南流鏑馬発祥の地であることにちなみ城南流鏑馬の神馬を描きました。
参拝記念品
お庭の出口では、
 水野克比古写真集 “城南宮の四季”、源氏物語花の庭 草木の栞、手拭い “しだれ梅と落ち椿”、
 A4クリアファイル “しだれ梅” “椿”、四季の栞、20数種類の珠玉のはがき、マグネット、鉛筆など
城南宮オリジナルの参拝記念品(詳しくは、こちらをクリック)の取り扱いがあります。

取り扱い場所:神苑出口 午前9時から午後4時ごろまで