神苑 源氏物語花の庭

 四季折々の花や紅葉に彩られ、また清流や池を随所に配した城南宮の神苑「楽水苑」は、『源氏物語』に描かれた80種あまりの草木が植栽されています。「源氏物語花の庭」として親しまれ、季節ごとに美しさが楽しめる、心安らぐ庭園です。

源氏物語と城南宮

源氏物語の主人公・光源氏は、四季の庭を備えた大邸宅「六条院」を造り、季節の移り変わりを愛で様々な遊びを行いました。白河上皇はこの「六条院」に触発されて、院政の拠点となる城南離宮の造営に取り組んだと言われています。大池を掘り、山を築くなどして大がかりな造園工事が行われた離宮の景色は、言葉に尽くせない風情がありました。これにちなみ、城南宮では『源氏物語』ゆかりの花を随所に植栽しています。

拝観時間

午前9時~午後4時30分(受付 午後4時終了)

お願い

神苑内での飲食、撮影時の三脚・一脚・脚立・自撮り棒の使用、座ってのスケッチはご遠慮ください

平成28年4月1日より、介助犬や盲導犬を除き、犬やペットが手水舎の手前より中の神域に入ること
  (キャリー・抱っこを含む)を禁じています。ご理解ご協力をお願いします。

神苑拝観料

  拝観料
大人 600円
小・中学生 400円
「障害者手帳」を提示の方 300円

*団体 20名以上の場合、大人 500円、小・中学生 300円となります。

ギャラリー 水石亭(神苑内)

平成のご遷宮 奉祝奉納茶器展

みどころ
 溢れ出る力、世界最古の土器とも言われる縄文土器は、今なお多くの人々を魅了します。古代の人達が土器作りに全身全霊を込めた、その思いが宿っていると言えます。神様がお産みになった大八嶋国の大地の一部を頂いた土を捏ねて形作り、火の中に入れれば、火具土の神様のお働きによって形が定まり固く焼き上がる事に、畏れさえ抱いた事でしょう。焼物は神と人との合作と言えます。
 現代の優れた陶芸家を顕彰されます日本陶磁協会様のお声掛けにより、城南宮の平成の御遷宮を寿ぎ、ご奉納になりました茶器を披露致します。創意と技巧を以て土の力を引き出された茶器をご覧ください。
会期
平成31年1月1日(火)~3月22日(金)
会場
ギャラリー水石亭

 

境内神苑案内図