トップページ

都の守護と国の安泰を願って、平安遷都の際に京都の南に創建されてから1200年。城南宮は、引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」と仰がれています。家庭円満や厄除や安全祈願、また車のお祓いに全国からお見えです。また古くより、住まいを清める御砂や方角の災いを除く方除御札を城南宮で授かる習慣があります。そして曲水の宴が行われる神苑は、しだれ梅、椿、桜、藤、躑躅、青もみじ、秋の七草や紅葉に彩られ安らぎの庭になっています。巫女神楽の鈴の音が毎日響く城南宮をお訪ねください

トピックス

  • ご案内
      7月21日からのご祈祷や御守・御朱印の授与などの時間は以下の通りです。
      FAXやお電話でご祈祷や御守をお申し込みになれば郵送します。

        *ご祈祷の受付・・・・・・・・・ 午前9時から午後4時30分まで
        *交通安全祈祷の受付 ・・・・・・ 午前9時から午後4時30分まで
           申し込みの受付がむすび殿、ご祈祷の場所がご本殿になる場合があります。
        *御守・御札・御朱印の授与 ・・・午前9時から午後5時まで
        *神苑の拝観 ・・・・・・・・・・ 午前9時~午後4時30分(受付 午後4時終了) 呈茶席は閉じています。  

        *郵送のご祈祷や御守などの申し込み
           方除・家内安全、厄除のご祈祷 ・・・ご祈祷の申し込み(リンク)
           交通安全のご祈祷 ・・・・・・・・・車のご祈祷の申し込み(リンク)
           御守・御札 ・・・・・・・・・・・・御守・御札の申し込み(リンク)

        *状況の変化により、急遽変更になる場合があります。直前にお問い合わせくださるようお願い申し上げます。

  • 初詣のご案内
  • 七五三まいりのご案内

  • もみじ うるわし 花の庭

  • 令和3年 厄除祈祷のご案内
  • 1月の祭礼のご案内  
      釿始式       ●1月5日  正午       ●神楽殿表舞台     ●観覧自由
      湯立神楽      ●1月20日 午後2時     ●本殿前特設斎場
                ●観覧自由 (観覧者が多い場合は、観覧人数を制限することがあります。)
                 ●”福笹” 特別授与  初穂料 1000円
  • 京都駅八条口から城南宮への交通は[R’EX 京都らくなんエクスプレス]が便利です。 
      平日 パス停「油小路城南宮」下車、徒歩8~10分程度
      土日 バス停「城南宮前」下車、徒歩5分程度

    現在、レックスバスは、平日 減便・土休日 運休となっています。
    詳しくは、R‘EX 京都らくなんエクスプレス 公式HP(リンク)でご確認ください。
  • お知らせ
      令和元年より、神苑拝観は               
        A期間 1月1日から7月21日、9月1日から12月31日               
        B期間 7月22日から8月31日(夏季期間)      
      の2種の期間に分けて公開します。   
      この間、 神苑拝観エリアと拝観料が変わりますので、ご確認の上ご来苑ください。(リンク)
  • お知らせ
      平成28年4月1日より、介助犬や盲導犬を除き、犬やペットが手水舎の手前より中の神域に入ること
      (キャリー・抱っこを含む)を禁じています。ご理解ご協力をお願いします

”城南宮花だより”と”新着情報”

[新着情報]令和2年12月1日
  ”初詣のご案内” のページを追加しました。
  ”ご祈祷・厄除” ”数え年・厄年 早見表”のページを更新(令和3年に対応した年齢に変更)しました。
  ”しだれ梅と椿まつり”のページを更新(令和3年の日程に変更ほか)しました。
  ”その他の授与品” のページを更新(しだれ梅の御朱印帳の取り扱い開始)しました。
[新着情報]令和2年10月1日
  11月3日 神苑内・平安の庭での曲水の宴は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止します。              但し、非公開で歌人から奉納された和歌をご神前で披露します。
[花だより]令和2年11月30日
  もみじ 見頃、早咲きの椿(葵の上・藤壺) 咲いています
[花だより]令和2年11月28日
  もみじ 七分(見頃)、早咲きの椿(葵の上・藤壺) 咲いています