しだれ梅と椿 今日のいちまい(令和4年)


”令和3年のしだれ梅と椿 今日の一枚”の様子です。こちらは、PDFデータです。

”令和2年のしだれ梅と椿 今日の一枚”の様子です。こちらは、PDFデータです。

本年より、神苑拝観の入場される方にお渡ししている無料のパンフレットの他に、
有料となりますが ハンドブック「しだれ梅と椿」を販売しています。
お庭のしだれ梅の風景選や梅のこぼれ話・剪定のこと椿の花形をイラストで紹介、50品種の写真・特長など内容盛り沢山です。
お庭の入口や出口に見本を置いています。是非、一度ご覧ください。

お庭の中に足を踏み入れると、お花の根っこや苔などを傷めることになります。美しい花や苔などをみなさんが楽しむことができるよう、ひとりひとりが撮影マナーをお守り頂きますようお願い申し上げます。

雪景色(1月21日)

椿    有楽・白鳳・七曜変化・初嵐・ 白玉・蝦夷錦・月照・窓の月・初音・流星光・越の月光・天ヶ下・白侘助 咲いています

1月21日は、京都府南部でも明け方まで雪が降り続きました。
しだれ梅の枝に雪が積もり、そのたおやかな枝ぶりがよくわかります。あたり一面、純白の花が咲いているように見えました。

昨年よりも寒い日が続いています。
昨年の見頃は2月22日でした。昨年と今年の長期予報を比較してみると、現時点では、今年(令和4年)見頃を迎えるのは2月28日~3月3日ごろになりそうです。今後の気温の変化によって見頃を迎える時期は変わりますので、予めご了承ください。

 

例年の見頃の時期は、「しだれ梅と椿まつり」のページの”これまでの開花情報”(ページの下の方です)をご覧ください。